Blog

Blog

長崎くんち2017

おくんちの熱気が冷めやらないのか、また暑さがぶり返してきた長崎市です。
10/7,8,9と三日間おくんちが開催されていました。
今年は主に五ヶ町が踊り町として参加しました。
龍をモチーフにした竜宮船や、ポルトガルをイメージした南蛮船など、個性豊かな船や踊りで長崎が賑わいました。

このおくんちで、観光客の方にお勧めしたい楽しみ方が、庭先回りに着いて行くというやり方です。
これなら事前にチケットを買う必要もありませんし、長崎の街を楽しみながらおくんちの出し物も見れて一石二鳥ですね。

それでは今年の様子を見てみましょう。

こちらは本踊りです。芸者さん達が長崎ぶらぶら節に合わせて艶やかな踊りを披露していました。このように店先でそれぞれの出し物を披露します。


こちらは南蛮船です。出島をバックに路面電車の線路を横に南蛮船が走るという長崎を凝縮させたような光景ですね。


こちらは分かりにくいですが、竜宮船です。
赤い髪が特徴的です。ちなみに上の瓦のようなものは、船と同化して見えますが湊公園の門です。


つづいて川船です。神社で行われる正式な奉納踊りでは最後に子供が網で魚を捕らえるのが見どころです。

ざっと見てきましたが、この庭先回りが三日間朝から晩まで行われます。
朝は奉納踊りで、昼以降は庭先回りに出るので演者の方々は大変ご苦労されてるかと思います。今年も素晴らしいおくんちをありがとうございました。

また来年も楽しみです。モッテコーイ!

一覧へ