Blog

Blog

長崎定番のおみやげ~チャーメン~

長崎定番のおみやげ、、というより定番にしたいおみやげ、そんな長崎ローカルものを紹介したいなあ、というわけで。。。今回は私のおすすめ「皿うどんの麺 & 皿うどんの素」です。地味に陳列されていますが地元スーパーでは十中八九置いてます。ロゴ強し「長崎チャーメン」すぐ見つかります。語源的には、炒麺(チャオメン/炒めた麺)とよく言われているようですが、炸麺(ジャーメン/揚げた麺)ではないかなあ、と推測しています。

 

そしてお隣りにある皿うどんの素(あんかけスープと書いてあるやつです)。片栗粉が入っているのでとろりとなります。鶏がらスープの素や味覇&片栗とかでも代用できると思いますがここはあえて長崎ものを是非(ちゃんぽんスープの素も並んでますが、ここにはお気に入りのやつがないのでちゃんぽんの素は次回に。。。)

 

地元スーパーはこんな具合にちゃんぽん&皿うどんコーナーがあります。ちゃんぽん&皿うどんは長崎のソウルフードと言っても過言ではありません。長崎の家庭の食卓では日常的に、お盆や町内会やパーティーなどなど人が集まるとかなりの確率でこれです。もちろん中華屋さんの出前も盛んで、長崎では各集落ごとにお気に入りのお店があるほどです。集まりで遅くきた人がいても餡を温め直して乗っけるだけなのでいつでも美味しい、お母さんも樂チン、これもきっと人気の秘密です。

 

 
そして、、あなたの皿うどんライフを満喫して頂ける作り方をご紹介します。といっても具を炒めて皿うどんの素を突っ込むだけ、超簡単です。
材料は ●チャーメン ●皿うどんの素 ●豚肉●好きな野菜 ●好きな魚介 ●かまぼこや竹輪は無くてもオーケー、イカやエビなんかの魚介ですと海外でも簡単に揃いますね。

 

豚肉炒めて~魚介炒めて~野菜炒めて~そして遂に水で溶いた皿うどんの素を♪
香味豊かな「ごま油」で炒めるというのも裏技としてご紹介したいと思います。

 

とろりとするまで弱火で。。。

 

とろりと麺の上に餡をのっけて完成です。
左(焼いた太麺バージョン)右(パリパリ細麺バージョン)
チャーメン(86円)、皿うどんの素(100円)。これはプライスレスといっても過言ではない、そして楽しい、そして美味しい皿うどん。ホステルあかりから歩いてすぐ新大工市場ですべて揃います。国内外のゲストの皆さんには是非とも地元や自国の食卓でそしてその食材でパリパリと遠く長崎を思い出してほしいものです。パリパリしたら絶対に教えてください♪
以上、長崎定番(にしたい)お土産でした。

*そして本格派のあなたへ
本格派を目指すあなたにはこちらの自分で揚げる皿うどん「生」麺もどうぞ。ワンパック150円。(ちなみに上の皿うどん太麺バージョンはその左の中華麺110円で。)

ティーンエイジャー達の長崎

日本の方の滞在も多いホステルあかり。「長崎へは修学旅行で来て以来で今回二度目なんですよ」と受付のカウンターでよくこんなお話をします。一度来たことがある、という方がほんとに多いんです。長崎の歴史って悲劇的でもあり特殊でユニークなものもあり、都市自体が教育の題材となるうる場所であることを物語っています。

平和祈念像、原爆資料館、グラバー園、出島、中華街、眼鏡橋、そして夜景の見えるどこかのホテルに泊まって・・・あん時は何も考えてなかったなぁ・・・などなど、その時の出来事を思い思いに話してくれます。
純朴な学生が見る最初の長崎、そして大人となり訪れる二度目の長崎。同じ場所であっても時代も環境も変わると、その心に映る景色はどう変わるのか、または何も変わらないのか、とても興味深いです。

ここ一ヶ月の朝鮮半島を取り巻く環境はドンパチ好きが不穏な空気を漂わせていますし、大陸から地理的に最も近い長崎もなかなか呑気にはいさせてもらえなさそうです。でもなあ、今さらジタバタしたって何も変わりませんし、そんな今だからこそ、爆心地であるここ長崎でそんな国際情勢に思索を巡らすというのも一つかも知れません。お散歩でもしながら。。。

今日も長崎を訪れるたくさんの修学旅行のティーンエイジャー達。その目に今の世界はどう映っているのでしょうね。

「ホステルあかり:ホームページリニューアル」を迎えてのごあいさつ

ああでもない、こうでもないと半年かけて作ってきたホームページのリニューアル作業が終わり、遂に公開の時を迎えました。

現在、ホステルあかりは2008年の開業から数えて10年目の年を送っているのですが、10周年の記念日と次の10年を迎えることを期に、一度ネジを分解しそのネジを巻き直してみよう、という作業をしています。その作業の1つが今回のホームページリニューアルでした。

そのネジを分解してみると、これまでの僕たちはスマートでも利口でも洗練された美しいやり方でもなく、愚直に、言い換えると「ばか」のようなやり方で、変わりゆくこの世の流れにひたすら溺れないようにやってきたのだな、と改めて思いました。飽きっぽくもありますが、でもやることはしっかりやリ続ける頑なさを持っているように思います。だからこそこれまでやってこれたのかも知れません。

僕が34、妻が29の時に始めたホステルあかり。何を隠そう開業以来一日も休んだことがありません。雨の日も雪の日も、赤ん坊が生まれた日も、虫歯が疼く日も、尿管に結石が詰まり卒倒しそうな日も、われらが乗組員は毎日毎日ただただ漕ぎ続ける。それで何か得たものが「形」として残っているわけではありません。目に見えない「無形」の何かがぼくらの中にきっと残っているはずだと信じています。

次の10年の方がこれまでの10年よりも、波は荒く高いかもしれませんが、この新しいホームページを携え、もう少しだけ遠くに進路を見据えながら、乗組員たちと新たな旅に出たいと思います。

リニューアルページの公開まで支えてくれた川路あずささんをはじめとするデザイナーのみなさん、あかりスタッフのみんな、日ごろからお付き合いのあるみなさん、そしてあかりやあかりのページを訪ねてくださる方々、ほんとうにありがとうございます。そしてこれからも、みなさんと一緒に楽しめたら嬉しいです。

 

Our website has now been renewed!
Hostel AKARI was first opened in 2008 making this year its 10th!
Since then, we stayed open for every single day.
There have been difficult times over the past 10 years and there may be more in the next 10 years,
but, we will go on new journeys with our AKARI family!
Thank you very much to everyone who has been involved with us.
We are looking forward to enjoying our time together with the people we meet going forward.

Lastly, we would like to thank everyone listed below for their hard work and support to make this new website.
最後になりましたが、このホームページを作り上げてくださった皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

 

Art Direction:Azusa Kawaji 川路あずさ (HYACCA)
Web Design and Program:Susumu Yamasaki 山崎 進 (design hehe)
Photo : Azusa Shigenobu 繁延あづさ
Illustration : Yuriko Miyazaki 宮崎友理子
Text:Yuki Hashimoto 橋本ゆうき
Translation:Tiffany Key, Danny Rhee, Andries Seegers,
Jonathan van Luijk, Sawako Nishitsu 西津佐和子

 

2017年3月29日 岸川信吾